アイダマガジン

MAGAZINE

社員インタビュー
新卒

制約の中で想像力を発揮し、お客様の希望を図面に描く

設計 2017年入社

アイダ設計社員インタビュー第4弾。

2017年に新卒で入社した、設計部の青栁祐樹さんにお話を伺いました。

建築を多角的に習得できる最適な環境

――アイダ設計に入社した経緯を教えてください。

高校卒業後「生涯学べる仕事がしたい」と思い建築の専門学校に進学したんです。住宅や商業施設の設計について2年間学んだのですが、いざ就職活動が始まると理想とする会社が見つからず進路に悩んでいました。そんなときに学校の就職課からおすすめされて知ったのがアイダ設計です。

アイダ設計で働く母校の先輩から「若い人が多くオープンな職場」という話を聞いて興味を持ち、面接を受けました。面接の内容はあまり覚えていないのですが、明るく和やかな雰囲気だったのは印象に残っています。

入社を決めたポイントは、アイダ設計の自社一貫体制です。土地の仕入れから設計や施工管理、物件を引き渡したあとのお客様へのアフターケアまで、全て一貫して自社で行っています。私は建築を多角的に学びたいと考えていたので、設計だけではなく、営業や建設など部署横断的に関わって経験を積めるアイダ設計を魅力に感じました。

――現在どのような仕事をしていますか?

主に建設を始める際の確認申請業務を行っています。建物を建てるときは、事前に市町村の許可が必要になります。図面をチェックし、建築物が建築基準法や市町村の条例に適合しているか、条例に違反していないか等確認を行い、建築開始の許可を取る役割です。

そのほかに、営業部がお客様からヒアリングした要望をもとに間取りを考えたり、図面を清書したりする業務も行っています。

――数ある部署のなかで設計部を選んだ理由を教えてください。

設計部を選んだのは、建築の基礎を身に付けたいと思ったからです。入社して希望部署を聞かれたとき、早く現場に出たい気持ちもあったので、施工管理も視野に入れていました。しかし、設計の経験が基礎としてあれば、間取りやデザインの知識など設計の視点から現場に貢献できると考え、まずは設計部からスタートすることに決めました。

――設計のやりがいはどういうところにありますか?

どんな住宅にするかお客様の声を聞きながら考えていくことが、もっともやりがいを感じるところです。設計の醍醐味は、予算や立地などの制約があるなかで、どれだけお客様のご希望を叶えられるかだと思います。

また住宅以外にも事務所や店舗などの設計を行うのも楽しいです。事務所や店舗の設計はデザインや機能性を重視されることが多く、複雑な設計になります。住宅とは異なる制約も多く比較的難しい仕事ですが、制限内でいかに想像力を膨らまして提案できるかが勝負だと思って取り組んでいます。

仕事の幅を広げるために

――仕事をする上で大切にしていることはなんですか?

まずは基本の知識をなによりも大事にしています。設計上のルールや建築基準法など知識をきちんと身に付けていてこそ、良い建築ができると思います。今は一級建築士を目指して勉強中で、できれば20代のうちに合格したいです。

また、まだまだ力不足ではありますが、お客様の要望をしっかり実現していくことを大切にしています。設計には大きく分けて、依頼された通りに作る設計と、お客様と一緒に相談しながら作り上げる設計の2種類があります。依頼通りに設計するための正確さや知識はもちろん大事なのですが、やはり設計という仕事の真価が問われるのは、お客様が具体的にイメージできていない要望を形にしていくときだと思います。

――自分自身の成長を感じた仕事があれば教えてください。

ある物件の設計が印象に残っています。その物件は、平家の一戸建てだったんですけど、寝室が10室以上あり、煙突や車庫もある規模の大きい物件でした。大規模な物件は建築の許可が取りづらく複雑な図面になり、また細かなディテールを見落としやすくなってしまうので、注意深く設計していく必要があります。

物件でのお客様の生活を隅々まで想像し、暮らしやすさを徹底的に意識して設計を進めていきました。前例もなく手探りで進めていくしかない仕事でしたが、個人的にも勉強になることが多く、なにより楽しかったです。

――今後挑戦したいことを教えてください。

設計の仕事は、勉強すればするほど仕事の幅が広がります。新しい設計の仕事をどんどん任せてもらえるようになるために、もっと知識を身に付けていきたいと考えています。たとえば、3階建て以上の物件は2階建てに比べて建築基準法による制限が増えるんです。まだ私は3階建てに対応できないので、一日でも早く担当できるように勉強していきたいと思います。

そして、メーカーが商品展開しているキッチンや浴室などの住宅用商品についてもっと詳しくなりたいです。住宅用商品は年々新しいもの、生活を便利にしてくれるものが生まれています。お客様の住宅環境がもっと快適になるような提案をしていくために、住宅用商品のカタログを定期的に見て、最新情報を頭に入れるようにしています。

会社を前進させる一人前の設計士を目指して

――会社の好きな制度があれば教えてください。

メンター制度がお気に入りです。メンター制度は新卒社員に先輩社員が一人ずつついて、相談を受けたり食事をしたりする制度です。他部署の社員同士がペアになることが多いので、普段は関わる機会の少ない部署の視点でアドバイスをもらえたり、意見交換したりできるのが面白いですね。

私が新卒のときは先輩社員によく食事に連れて行ってもらいました。今は私が先輩社員として後輩とペアを組んでいるのですが、会話も多く仲良くやっています。

――会社のなかに尊敬している人はいますか?

学校の先輩にあたる主任や設計部の課長を尊敬しています。どんな質問をしてもすぐに答えてくださる豊富な知識があるにも関わらず、さらに新しいことを学ぼうと向上心を持ち続けている姿勢を感じます。また、営業や現場監督とのやりとりのなかで難しい判断が必要になることがあるのですが、そんなときにも迅速に決断し行動されるので、そういった決断力・行動力を見習っていきたいです。

――青栁さんはこれからどんな未来を設計(BUILD A LIFE)したいですか?

自分の仕事だけでなく後輩の指導も的確にできるような人材として、アイダ設計をよりよい会社にしていきたいです。一設計士としては、いつか多くの人に認知してもらえるような物件を手がけられたらと思っています。

そしてやはりマイホームは持ちたいです。寝室は6畳あって、収納がたくさんあるようなシンプルで過ごしやすい家。設計はもちろん私がします(笑)。

新卒採用情報

FRESHERS

中途採用情報

CAREERS