アイダマガジン

MAGAZINE

社員インタビュー
中途

お客様に安心して任せてもらえる、家づくりの「伴走者」を目指して

営業 2016年入社

アイダ設計社員インタビュー第3弾。

2016年に航空自衛官からアイダ設計へ中途入社した、営業職の德重貴浩さんにお話を伺いました。

マイホームの伴走者として

――アイダ設計を転職先に選んだ理由を教えてください。

友人から「アイダ設計で家を建てた」と聞いたのが、アイダ設計を意識した最初の出来事です。

私自身アイダ設計へ入社する前に建売住宅を購入していたのですが、友人がアイダ設計で建てた住宅がとても魅力的で、しかも値段も手頃だったので羨ましく感じました。そこから「こんなに素敵な住宅を扱っているハウスメーカーで働いてみたい」という気持ちが芽生え、アイダ設計を選びました。

――現在どのような仕事をしていますか?

営業として、来店されたお客様の応対や、物件のご案内、ご契約前後の手続きなどが主な役目です。

たとえば、住宅の建て替えを希望されるお客様の場合には、まず住まいについてのご要望を丁寧にうかがうところからはじめます。それから敷地に間取りが収まるか検討しつつ、図面作成、お見積り提案へと進んでいきます。ご契約後、施工に入ってからもお客様とのコミュニケーションを継続し、完成した住宅の鍵をお渡しするまでしっかりと伴走します。

――営業を志したきっかけはなんですか?

前職時代に「もっと人と接する仕事をしたい」と考え、思い浮かんだのが営業職でした。前職も魅力的で誇りのある仕事でしたが、お客様がいるタイプの仕事ではなく、もっと人と接したい気持ちが募っていったんです。また、営業は努力して結果を出した分だけ、自分に返ってくるものも大きい、一種の実力主義な点にも大きく魅力を感じました。

最後の瞬間まで丁寧にフォローし続ける

――どんな場面でやりがいを感じますか?

やはり、お客様に感謝していただける瞬間です。お引渡しの日に笑顔で「ありがとうございました」「アイダ設計さんにしてよかった」と言ってもらえると、がんばってきてよかったと毎回思います。

なかには「他社と契約直前まで進んでいたが、德重さんがいたからアイダ設計に変えた」と話してくださる方もいました。一営業マンとして「德重さんだから契約した」と言ってもらえるのは恐縮ですが、素直に嬉しいことです。

――仕事において心がけていることはなんですか?

より多くのお客様にご満足いただくこと、それと同時に企業としての売上を達成することが大切だと考えています。しかし何よりも重要なのは「最後のお引き渡しの瞬間まで丁寧にフォローすること」です。

売上目的に耳触りのいいことだけを言っていたら、ミスやクレームに繋がりかねません。だからこそ、よいことだけではなく、デメリットや口にしづらいことも真摯に伝えています。

お客様との信頼関係を第一に考えているので、図面一つをとっても、お打ち合せの前にお客様へ送ってあらかじめ確認してもらえるよう工夫しています。対面でいきなり図面をお渡しすると、お客様が見落としてしまうこともありますからね。実際の建物とお客様の想定との間でミスマッチが起きないよう心を配っています。

――そのほか工夫していることはありますか?

忘れやすい性格だと自覚しているので、とにかくメモしています。机の上にもメモ、外出するときも常にメモや手帳を持ち歩く。私にとっての必需品ですね。

仮にお客様の立場になって考えてみると、時間をかけて打合せした内容が忘れられていたり、伝えたはずの内容が伝わっていなかったりしたら、担当者に対して不信感を覚えてしまいますよね。どんなに些細なことでも書きとめて、いつでも見返せるようにしています。

それでも完璧でないときもあるので、「私が忘れていたら遠慮なく言ってくださいね」とあらかじめ伝えておける関係性を築いておくことも大切になってきます。

営業マンが売りやすい環境を整えてくれている

――アイダ設計の魅力について教えてください。

「営業マンが売りやすい環境」を会社が作ってくれるところです。営業マンであるからには、なるべく多くの住宅を販売して売上に繋げることが責務かつ存在意義であると考えています。しかし、なかなか現実は厳しいと思う瞬間もありまして……。

そんなとき、会社全体でフォローする姿勢を見せてくれるのが、アイダ設計の魅力だと感じています。テレビCMやチラシなどの広告はもちろんのこと、モデルハウスの建築や営業研修など、安心して売りやすい環境を整備してくれているんですよね。アイダ設計は、一度他社に転職したにも関わらず再び戻ってくる、いわゆる「出戻り社員」が多いのも特徴です。それだけ働きやすく、居心地のいい会社なのだと思います。

――今、仕事において課題に感じていることはなんですか?

新しい住宅の魅力をお客様へ説明するのにも、住宅ローンの仕組みを理解することについても、まだまだ経験や知識量が足りないと自覚しています。

――課題を乗り越えるために努力していることがあれば教えてください。

今は主体的にどんどん提案をしていって、経験値を増やすことに注力しています。場数を重ねていけば、必要な知識は後からついてくると信じて、目の前のお客様に向き合うよう心がけています。

また自分の力量を正しく把握して、不足している部分はチームで補うようにしています。ありがたいことに私の周りには、経験豊富な上司・先輩たちがいるので、心強いです。この環境を存分に活用して成長していきたいと思っています。

――德重さんはこれからどんな未来を設計(BUILD A LIFE)したいですか?

お客様と強い信頼関係を築ける営業マンになりたいと思っています。そのためにも、一刻も早く経験を積み、知識をつけるのが私の課題です。基になる知識が欠けていれば、それぞれのお客様に合った提案もできませんから。食事をするときも、出社する電車に揺られているときも、ふと道を歩いているときも常に自身の課題を省みて、理想の営業マン像に近づいていきたいと思います。

新卒採用情報

FRESHERS

中途採用情報

CAREERS