アイダマガジン

MAGAZINE

社員インタビュー

【経営企画室での一日の流れ】小野塚恵

経営企画室 / 2014年入社

アイダ設計で働く社員は、どういった流れで一日を過ごすのでしょうか? 今回ご紹介するのは2014年に入社、経営企画室に所属し、会社の業績の分析や、経営計画を作成している小野塚恵さん。

「業務の流れを止めないようスケジュールを常に意識し、他部署からも信頼されるような仕事をしたい」と話す小野塚さんの一日に密着しました。

【AM 9:00】経営企画室の一日は和気あいあいとした雰囲気の朝礼から

経営企画室の一日は、システム情報課と合同で行う朝礼から始まります。朝礼では各自持ち回りでスピーチをするため、通勤途中の電車内で話のネタを探しています。

私は他社で起きた事例や、好調な成績を収める同業他社など、経営企画室の仕事に関連した情報を話すことが多いですね。そのほか、今朝見た面白い猫の話や、趣味の野球の話をする人もいて、毎日の朝礼は和気あいあいとした雰囲気で進みます。

朝礼が終わったら、メールチェックとスケジュール管理を行います。他部署と連携して動く仕事が多く、スケジュール管理が重要になるため、自分の予定だけでなく経営企画室のメンバーの予定も含めて1週間単位で確認しています。「◯曜日の◯時間はこの仕事」というように決まったスケジュールがあるわけではないため、その時々に応じて、スケジュールを決めています。

この日の午前中は会議で使用する資料を作成し、同じ課の先輩社員へ内容を報告しました。会議資料は会社の経営に関わる大切な内容のため、数字の正確さや文章のニュアンスなど、細部まで丁寧に確認します。打ち合わせで新たに指摘された箇所があったため、再度資料の修正を行いました。

【PM 12:00】ランチを食べてリフレッシュ

午前中の業務を終えると、いよいよランチタイム。普段はコンビニや会社近くのお弁当屋さんで買ったご飯を食べることもあれば、経営企画室のメンバーと外へランチに行くこともあります。

会社近くのパスタ屋さんは特にお気に入り。同じ部署の先輩や後輩とよく一緒に行っています。経営企画室のメンバーはすごく仲がよく、仕事以外の話もたくさんします。昨日も新作アイスがとても美味しかった!と熱心に上司へプレゼンしました。

【PM 1:00】月次の業績を分析

ランチタイムを終えるとさっそく業務を再開! 経営企画室では、大きく3つの仕事にわけられます。1つ目は会社の予算と中期経営計画の作成、2つ目は法務関係の届け出業務、そして3つ目は広報業務やIR資料の作成です。

私は主に予算や会社の業績の把握と分析を担当しています。月次ベースで会社の業績を分析するのですが、私はもともと会計の知識があったわけではなく、大学も文系で日本文学を専攻していました。そのため、異動してきてすぐに「この部署では簿記の知識がないと太刀打ちできない」と思い、プライベートの時間を使って学校に通いながら簿記資格を取得しました。とはいえ、経営企画室の業務は新しく覚えることが多く、勉強の毎日ですね。

【PM 4:00】中期経営計画の作成

中期経営計画を作成するのも、経営企画室の仕事です。アイダ設計の経営企画室では「企業を成長させる」というミッションを掲げ、さまざまな意見を出し合い、よりよい仕事をすることを大切にしています。上司にも遠慮せずに「こうしたほうがいいと思う」と意見を伝えたり、役職名ではなく、〇〇さんと名前で呼び合ったり、フラットな環境作りを全員が意識しています。

私は小さい頃から衣食住の“住”に興味があり、家の図面や間取りを眺めることが好きでした。不動産業界に興味を持ったのも、そうした子ども時代の思い出があったから。そのなかでアイダ設計を選んだのは、地元埼玉で昔から会社に馴染みがあったことと、説明会で「お求めやすい価格の住宅を提供することでより多くの人に“マイホームを持つ”という夢を叶える機会を提供したい」というアイダ設計の考え方に共感したことが理由です。

今、こうして予算や中期経営計画書の作成を通して会社の成長に貢献できることに大きな喜びを感じています。

入社したての頃に専務取締役にいただいた電卓。何年も使い込んでいて、今では無くてはならない必需品です。

アイダ設計には、年次に関係なくやる気があれば様々な仕事に挑戦できる環境があります。そのため、経営企画室でもっと多くの知識をつけながら会社を成長させられる人間を目指しています。

【PM 6:00】業務終了!休日はカメラを持って撮影に出かける

この日は、翌日以降の業務を確認し、定時の18時に退勤しました。

退勤後は音楽を聴いたり料理をしたりと、趣味の時間でリフレッシュしています。写真を撮ることが好きで、休日には一眼レフを持って撮影に出ることも。最近では、紫陽花を撮影しに出かけました。

カメラを持っているアイダ設計の同期と一緒に出かけることもよくあります。プライベートでもアイダ設計の社員と一緒に過ごすことは多く、社員同士の仲がよいことはアイダ設計のよいところだと思っています。

新卒採用情報

FRESHERS

中途採用情報

CAREERS